ももの付け根 黒ずみ

このままでは海も温泉も無理だわ〜と思ってる女性へ

ももの付け根部分にできた黒ずみは人に相談にしにくいですよね。
ショーツラインにそってお尻の皮膚が汚くみえて凹みます。
モデルのお尻と比べて、同じ女なのにこの差は・・・思えることも。

 

 

下着のあとのようにできるので締めつけが原因だと考える人もいます。
もちろん、それもあります。でもそれだけではありません!
下着の生地をかえてみてもやはり黒ずみが緩和することはありません。

 

 

なぜ、ももの付け根がくすむのかを考えると答えがみえてきます。
座るときに圧力がかかりやすいからです。それゆえに摩擦が生じやすく
さらに蒸れやすい。そのうえ皮膚自体は乾燥しやすいのでガサガサ。

 

 

いつも椅子に座っていないといけない学生やデスクワーク中心の
女性のお尻はニキビや吹き出物、くろずみやしみができやすいのです。
ゆえに日々のケアが重要になってきます。(生活環境はかえにくいので)

 

 

自宅でお手入れする場合、「保湿」をしっかりやることです。
顔は毎日ちゃんとお手入れする女性でも、お尻を毎日保湿している人は
そんなにおられないと思います。

 

 

だから、温泉の脱衣所で大きな鏡をみて、はじめて自分のお尻や
太ももの裏が黒ずんでいることに気がつく女性が多いのです。
(これは自分や友達の体験なんですが)

 

 

お尻やその周辺(太ももとの境目あたり)は負皮が厚いので
ふつうの化粧品では保湿成分が届かなかったりします。

 

 

下着との摩擦も生じやすいし、座ったときの圧力もかかりやすいので
毎日のダメージに負けないように専用のスペシャルケアをしないと、
いまある黒ずみを治すどころか、さらに増えてしまうこともあります。

 

 

 

わたしはももの付け根や、お尻の割れ目に専用ジェルを塗っています。
特に水着になる夏と友達と温泉に行く冬と彼氏がいる時期は
欠かさず集中してケアしてます。

 

 

黒ずみがやばかったときには毎日ジェルをぬってました。
そのおかげで、いまは肌がツルツルできれいなお尻になってます。
後ろから彼に攻められても安心していられるのが幸せだったりします。