お尻 ニキビ 黒ずみ

座っている時間が長い女性は要注意!

デスクワーク中心の女性はお尻にニキビや吹き出物、黒ずみができやすく
困っている場合が多いです。季節としては夏と冬にひどくなる場合が多いです。
水着で肌を露出したり、温泉に行くとか、彼氏とエッチする前にはケアしておきたいですね。

 

 

解決策としては自己ケアか皮膚科に通うの2つ。

 

 

皮膚科に通院している間はお尻のニキビや黒ずみも緩和されるのですが、
通わなくなるとまたお尻の皮膚が汚くなることを繰り返すことが多いです。
あなたはどうですか?

 

もしかしたら、お医者さんにお尻を見られるのが恥ずかしいとお考えの方もおられるかもしれません。

 

 

現在のお尻の状況を少しでも緩和したいなら皮膚科でも良いのです。
しかし、デスクワークが中心(内勤)の場合、また同じような症状がでる可能性があります。
椅子に座る時間が長いほど、お尻の出っ張た部分を中心に摩擦がかかります。
お尻は下着を含む衣服で二重に覆われていますので湿度が高くなりやすく、かつお尻の皮膚は分厚いので乾燥しやすいという他の部位にはない独特の環境におかれています。

 

 

座っている時間が長いほどお尻の皮膚は椅子に密着しますから湿度が上がり、皮膚の乾燥はひどくなります。事務所でパソコンとじーとにらめっこの状態が長く続く女性は、日々のお尻ケアを続けないと
黒ずみやニキビ、吹き出物が治っては出来ての繰り返しになってしまいます。

 

デスクワーク中心の女性の場合はお尻だけでなく太ももの裏の皮膚が汚くなるケースもあります。特にお尻と皮膚の境目あたりは黒ずみができやすいので確認してみてください。この部分は水着になると肌が露出します。自分で肌が汚いことに気がつかないで他人の目にさらしている場合もあるのでご注意を。

 

一番良いのは鏡で確認することですが、無理な場合は手でさわってみてください。
ザラザラしていると感じたら角質がたまっているので黒ずみができているかもしれません。
ぷつぷつした感触だったらニキビか吹き出物ですね。

 

黒ずみやふきでもの、ニキビケアのポイントは、きちんと保湿してあげることです!
前述の通り、お尻の皮膚は分厚いので通常の化粧水では保湿効果が足りない場合もあります。
できれば専用のジェルやクリームで保湿されることをおすすめします。

 

 

毎日お尻を見られることはないと思いますが、彼氏とエッチするとか、友達と温泉に行く、更衣室で着替えるなどのシーンは何度かあると思います。一度気になりだすと、見られるのが恥ずかしくて何もできなくなります。エッチも拒否したり、温泉にも行かなくなったり。

 

 

お尻の黒ずみやニキビ、吹き出物が気になる女性は今すぐケアを始めると、あとから楽しいことを諦めなくてすみますよ。座り跡ができるぐらいに仕事をがんばっている女性ほどプライベートの充実のために肌の保湿をしっかりしてほしいと思います。